プロテイン

筋肉の肥大、そして維持を行うためには、たんぱく質の十分な補給が必要です。だからこそ、筋トレを行っている多くのトレーニー達はプロテインを愛用していることが知られています。ただ、このプロテインの使い方として、一種類だけのものを使用するだけが全てではありません。なぜかというと、プロテインは飲む時間帯によって飲む種類を変えた方がより良くたんぱく質を補給することができるからなのです。

その理想的なプロテインの使用方法の一例として挙げられるのが、トレーニング前にはホエイ、そして睡眠前にはカゼインプロテインを飲むという方法です。ホエイプロテインの特性としては、消化されやすいことから飲んでぐに筋肉に吸収される状態になること、そしてカゼインプロテインの特性としてはホエイと比較して長時間をかけて身体の中に消化吸収されていくということが挙げられるでしょう。その点を踏まえると、筋肉は伸縮運動をする際にたんぱく質を著しく消費しますので、ホエイプロテインを飲むことでそれをカバーできますし、睡眠中の約8時間は食事を一切摂ることができないことから長時間じわりじわりとたんぱく質を補給するカゼインプロテインを飲むのが適切になります。

仮にトレーニング前にカゼインプロテインを飲んだとしても、それが筋肉に行き届くまでには数時間かかりますので筋肉を修復するゴールデンタイムを逃してしまうでしょう。逆に睡眠前にホエイプロテインを飲んだ場合も、すぐに消化吸収されてしまい睡眠中の栄養保持を行うことは難しいと考えられます。ですから、適切なポイントやタイミングでその時に一番適したプロテインの種類を飲むことが大切だということが理解できるはずです。

ちなみに私は、プロテインを飲むタイミングや摂取方法を知らずに、間違った量や時間帯に飲んでしまったことがあります。
ホエイプロテイン接種後、お腹を壊してしまうのは、とてもイヤなことなので避けましょう。ちょっとした豆知識でした。

プロテインを飲まないよりは、一種類でもプロテインを飲む方が良いに越したことはないですが、できることならば今回ご説明したようにプロテインの使い分けというものを行って頂ければよいなと思います。